←前へ ↑一覧へ 次へ→

湖南支部9月例会

2015/09/15

湖南支部会員の皆様
                  湖南支部長 北野 裕子
                  例会委員長 中村 明久

湖南支部 9月例会のご案内

とき:9月15日(火) 18:15〜20:50
場所:クサツエストピアホテル 2階

テーマ:『おっちゃんは君らの未来をあきらめへん
      〜「適職探索」同友会だからできる就労支援〜』
報告者:ジュンブライダル 代表取締役 前川 順氏
    京都同友会会員 ソーシャルインクルージョン委員会所属
報告案内: 
 親との死別、虐待、ネグレクト(育児放棄)などの理由から、児童養護施設で暮らす子どもたちがいます。施設の子どもたちと中小企業家同友会会員の「おっちゃん・おばちゃん」との交流が、NHKで放映されました。
その活動を中心となって進めてきたのが前川さんです。施設の子どもたちに仕事の実習を通じて社会に出る準備をさせること。そのための適職探索です。しかし、前川さんは語られます。「3日か4日の職場体験で、仕事が分りますか?何か変わりますか?」自分たちの活動は適『人』探索だとおっしゃいます。「この子に合う社長は誰なんや」余儀なく大人と離れる生活を送っている子どもたち、愛された経験が少ない子どもたちに、「経営者が自らの生き様を見せて欲しい。そして自分たちのことをこんなに思ってくれる大人がいることを伝えて欲しい」
 就労体験。私はすぐに考えます。「そんなんうちの仕事では無理やわ」「受け入れたらなんかメリットあるの」前川さんは語れます。「彼等に必要なものは仕事を覚えることではない。仕事を一所懸命している大人とふれあうことです」「直接的なメリットを求めることは無理です。でもこの子たちを受け入れる経営者は優しくなれるかもしれません。そして人に優しい会社になれるかもしれません」
 就労困難者への対応は企業が決して避けて通ることができない社会的責務です。また、少子化、労働力不足が進む現状を考えれば、積極的な取り組みが必要な分野であると考えます。

報告者:プロフィール
1959年生まれ。宇治市在住。大学卒業後6年間の大手ブライダル企業勤務を経て、1991年ジュンブライダル設立。1992年中小企業家同友会入会。
前川氏の取組みは、中小企業家同友会全国協議会第18回障害者問題全国交流会(10月22日〜23日、愛媛県)の第5分科会で報告されます。

☆☆☆お読みください☆☆☆

例会の出席依頼へのご回答は、できる限り自身でのご回答をお願いしております。
不参加であっても、edoyuへのご入力をお願いします。
≪締切 9月5日(土)18時 まで≫

例会終了後、希望者にて懇親会を予定しております。(4000円前後)
皆で例会の続きを…アツいディスカッションをしましょう♪
アンケートにて参加、不参加の登録をお願いします。

ゲスト、社員さんの申し込みはこちら
http://e.doyu.jp/shiga/7days/event/  

※一部例会内容を変更させて頂きましたので、閉会時間が変更になりました!
当初の予定に比べ、20分遅くなり、20:50閉会となりましたのでご確認をお願い致します。