新産業創造委員会 2017方針と前年総括

スローガン

1)スローガン
企業連携の推進で地域を支える良い企業と仕事づくりをめざそう!

基本方針

2)基本方針
①研究会活動を推進します。
②産・学・官との連携を進めます。
③上記を通じて自立型企業づくりと新しい仕事づくりをめざします。

活動計画

3)活動計画
①企業連携を促進し本業の強化と新しい仕事への展開を目指します。
会内外の企業や研究機関等の視察を年4回開催して学びあいます。
中同協企業連携推進連絡会に参加し経験に学びます。
②海外ビジネスの展開を促進します。
第6回目となるアジア視察研修会を開催します。
③大学や支援機関との連携推進
龍谷大学理工学部、立命館大学情報理工学部との共育連携を引き続き取り組みます。
滋賀県産業支援プラザの施策を活用し、ものづくりの若手人材育成をめざします。



前期の総括

産学官との連携でニュービジネスを目指す取組みは、共同体として行うことから、個々の企業で取組む流れに変わってきました。そのような環境変化のもと、環境エネルギー分野で共同事業を行いうために会内で立ち上げた(協)HIP滋賀は、2016年度末を以て発展的に解散することになりました。

新産業創造委員会としては、海外ビジネス研究会が第5回目となる視察研修会をインドで行い、レポートを公開しました。
龍谷大学理工学部および立命館大学情報理工学部とのキャリア教育連携は、事務局を窓口に取組むことができました。
新産業創造委員会として体制を確立し、中小企業のニュービジネスのヒントとなる視察や研究会を継続することが次年度の課題です。

このページの先頭へ