方針と総括2008

2008年度 長期ビジョン

「美しい琵琶湖にふさわしい新産業を創造する」 美しい琵 琶湖をブランドとするにふさわしい産業・新規事業を創造します。  環境立県、 観光立県、健康福祉立県を目的とし、それらを具現化する先進技術を共に学 び、共にそれらを創る、全滋賀県民の将来像を希求するビジョンを持って活動 します。

方針

①経営指針の実践から新事業・新産業を興そうとする創造的な経営者と共に、各大学・各関係研究機関等を訪問し、共に学び合う場をつくり事業創造に向けた知識を高めます。 ②湖国の元気な中小企業を育て、各中小企業家が新たな産業、新たな事業を興す事を援助し又は連携させる推進母体機関をめざします。それらの活動が滋賀県内外の中小企業を活性化させ、引いては滋賀県経済を活性化させます。

重点課題

①県内外の元気な中小企業を訪問し、その企業の経営理念・経 営方針の実践から、実績を上げられている経営手法・技術手法を学び、その 元気の神髄を、明日の我が社の経営に活かします。 ②明日の我が社の新規 技術に役立つ勉強会の場を全国に求めます。

小委員会の方針

①アグリビ ジネス研究会  さらに、アグリビジネスを深めるために、農業ベンチャー起業 家の方の講演や参加者同士の親睦、さらには、参加者同士のビジネスに繋が るような仕組み作りに取り組みたいと考えています。 また、(協)HIP滋賀と連 携して、近江八幡市の津田内湖干拓地の再利用計画に取り組みます。 ご興 味ある方は、お問合せください。 ②ユニバーサルデザイン研究会 今年度は、 法律(介護保険法、介護福祉法など)を勉強し、いま何が求められているかを 探ります。また、福祉用具メーカーの見学を企画します。 ③ビジネスチャンス 研究会  会員企業を知ること、さらに連携・協力により、一企業ではなしうるこ とのできない力(同友会パワー)を発揮できる機会を生み出す場として、学校・ 行政・金融の参加協力もつのり、気軽に参加できる「ビジネスチャンス交流会( (協)HIP滋賀と共催)」を4回開催します。 ④琵琶湖水環境改善小委員会   琵琶湖水環境改善小委員会を設け、龍谷大学理工学部環境ソリューション学 科及び滋賀県琵琶湖・環境科学研究センター、NPOEEネット等と連携しなが ら活動します。

インターンシップ受け入れ

龍谷大学理工学部学外実習生を受け入れる他、他大学、 専門学校、高校生、中学生のインターンシップ生の受入、大学やポリテクセン ターへの出前講義を通じて、地域の人材育成をすすめます。

びわ湖 環境ビジネスメッセ

2008びわ湖 環境ビジネスメッセに「滋賀県中小企業家同友会」と「(協)HIP滋賀」で出展し 、地域と共に歩む中小企業だからこそ取り組める、地域循環型のビジネスモ デルを発信します。

連 携

会内で生まれた事業の芽を(協)HIP滋賀の事業として 発信し、県や経済産業省と連携して育成します。また、(協)HIP滋賀から巣立 ったソーラー和船事業への協力や、津田内湖土地改良区農業事業計画を積 極的に応援します。

このページの先頭へ