新産業創造委員会 2015方針と前年総括

美しい琵琶湖とその周囲の自然に育まれた滋賀の持続可能な地域づくりのため、その基盤である地域循環型経済の中心となる中小企業を目指し、会員企業への最新技術等の情報提供や企業連携を推進し仕事づくりに努めます。

1.スローガン

企業連携の推進で、新分野を担う地域を支える自立型企業をめざそう!

2.基本方針

①研究会活動を強化します。
②産産・産学との連携をさらに進めます。
③上記を通じて、(協)HIP滋賀と共に新しい分野にチャレンジする自立型企業づくりをめざします。

3.活動計画

①グリーンイノベーション推進活動
中同協が提唱する「エネルギー・シフト(エネルギー源を地域資源で代替する)」をテーマにした研究会活動を行います。
②ライフイノベーション推進活動
健康・医療分野に加え、福祉・介護関連分野の取り組みをすすめます。
③海外ビジネス展開推進活動
アジアを中心にした中小企業の海外展開を調査研究するとともに、第4回目となる視察研修会を開催します。また、中同協企業連携推進連絡会が取り組むタイビジネスの展開も会内に広めます。
④産産・産学との連携推進
会員企業の訪問による技術交流を進めます。産学との教育分野での連携(インターンシップ等)と共に、技術分野においての情報交換も進めます。



前期の総括

1)グリーンイノベーション研究会の活動
中同協が提唱するエネルギーシフトを中心テーマとして掲げ、以下の講演会や見学会を実施しました。

①新産業創造委員会・HIP滋賀総会において龍谷大学政策学部准教授の深尾昌峰氏から自ら経営にも携わっておられる日本初の地域貢献型メガソーラー事業について講演いただきました。(2014年5月15日)
②滋賀建機(株)メガソーラー発電所を見学し、蔭山大輔専務から事業概要・蔭山孝夫会長からは今後のエネルギー事業の展望について伺いました。(2015年2月26日)
③いぶきグリーンエナジー(株)バイオマス発電所を見学し、濱田武男専務から事業概要とバイオマス発電の未来について伺いました。(2015年3月25日)
2)ライフイノベーション研究会の活動
「しが医工連携ものづくりネットワーク」の情報を会内に公開し啓発に努めました。

3)海外ビジネス研究会の活動
海外展開している会員企業のビジネス交流を行うと共に、8月31日出発 ~9月7日日帰国で第3回アジア視察研修会レポート(タイ・ミャンマー)として視察報告書を事務局にまとめていただきホームページで公開したほか、広報「同友しが11月号海外ビジネス特集」に記事を投稿し、アジアと共存・共栄する中小企業の海外展開について視察の成果を広めることができました。
4)その他の活動
龍谷大学地域産学連携キャリアセミナーに会員講師6名を派遣しました。(2014年6月)
会員企業でシンコーメタリコン(株)を訪問し独自の表面処理技術工場見学をしました。(2014年7月25日)

このページの先頭へ