新産業創造委員会 2016方針と前年総括

1.スローガン

企業連携の推進で地域を支える自立型企業づくりと仕事づくりをめざそう!

2.基本方針

①研究会活動を推進します。
②産・学・官との連携を進めます。
③上記を通じて自立型企業づくりと新しい仕事づくりをめざします。

3.活動計画

①企業連携を促進し新しい仕事づくりを目指します。
会員企業の固有技術を繋げる取り組み(気軽なビジネスマッチング)を行い、繋がったメンバーで研究会を立ち上げ、大学の知見や行政の支援施策を活用して新しい仕事づくりへチャレンジします。
②海外ビジネスの展開を促進します。
アジアを中心にした中小企業の海外展開を調査研究するとともに、第5回目となる視察研修会を開催します。
中同協企業連携推進連絡会が取り組むタイビジネスの展開も会内に広めます。
③大学との連携推進
龍谷大学理工学部、立命館大学情報理工学部との共育連携を引き続き取り組みます。



前期の総括

活動計画に対する結果
①グリーンイノベーション推進活動
「エネルギー・シフト研究会の立ち上げは出来ませんでした。
②ライフイノベーション推進活動
滋賀県の取り組みを情報として委員に発信することは出来ました。
③海外ビジネス展開推進活動
第4回目となる視察研修会(中国・北京~モンゴル・ウランバートル)を2015念8月24日(月)出発~8月30日(日)帰国で開催し17人が参加し、レポートをまとめ理事会およびホームページで公開しました。
2015年8月31日(月)~9月1日(火)に開催された、中同協・日タイビジネスマッチング及び企業連携推進連絡会に1社が参加しました。
2016年3月2日(水)にサクラコレクション(SAKURA COLLECTION)で来日したベトナムとタイの参加者との交流会を長浜で開催し滋賀の魅力を伝えました。
④産産・産学との連携推進
龍谷大学理工学部3回生学外実習の中小企業研究セミナー講師として4人が参加しました。
立命館大学情報理工学部情報コミュニケーション学科「企業連携プログラム」に講師として3名が参加しました。

このページの先頭へ