方針と総括2007

スローガン

「我々青年部の活動から、支部の活性化、そして滋賀の活性化へ」
         ~今から、走ろう! 共に学べる仲間と共に!~

来賓 滋賀同友会副代表 (青年部担当) 金森氏

2007年度部長 蔭山氏氏

記念講演 宮川氏 滋賀同友会理事

意義

生涯を付き合える仲間を青年部で創り、良い経営者、良い会社を創るべく、仲間と共に学びを深めます。我々青年部会員が主体者となり、一人ひとりが各支部でも活躍し、支部及び滋賀同友会を根底から盛り上げていく存在になります。

次代を担う我々が未来を語り、強い絆(連帯)を活かして、滋賀の活性化につなげます。

重要課題

①青年経営者の登竜門的位置づけとして 「若手の同友会入会者は、先ずは青年部へ」を合言葉にされるように同友会の基礎、経営理念、そして経営者に必要な能力を学ぶ活動を創ります。一緒に学べる仲間づくりや、後継者としての悩みを共に語れる場を企画、提供します。

②例会の魅力、活性化に向けて
昨年度のBIG例会の拡大動員実績から(200人)の反省を活かして
◆年1回のBIG例会の目的、目標を明確にし、ゲスト参加入会の位置づけ
◆ペーロン大会などの各種イベントに参画する事により、会員同士、家族の絆を深め、青年部入会していてよかったと実感できるような運営企画を実施します。
◆学び、実践、報告(検証)の基本スタイルを確認し、会員=企業が発展することに努めます。

③会員増強(仲間創りとして)
◆現在の会勢は70名。会員企業の徹底訪問を実施することから始める。
◆新規純増も必要だが、先ずは会員企業からの紹介で仲間創りを拡大する。

④幹事会の魅力、活性化に向けて
幹事会に出席する事で深く学べる内容を追求します。
◆組織に次の委員会を設けます
・例会委員会
・組織活性化委員会   → 幹事会 副幹事長
・仲間創り(交流)委員会
・広報委員会

前期の総括

総括:07年度スローガン
『我々青年部の活動から、支部の活性化、そして滋賀の活性化へ』 ~ 今から、走ろう! 共に学べる仲間と共に! ~

昨年の総会で、宮川副代表理事より【同友会運動の第一歩は青年部から~知りたい、なりたい、繋がりたい~】をテーマに報告していただきました。
我々青年部は「由らしむべし、知らしむべからず」即ち、お客様ではなく、主体者として参加する事が肝心であり確かに各支部での部員の活躍はあったと言えます(湖南支部、東近江支部限る)。
しかし、実際問題、青年部組織があったからとは言いがたく、個々それぞれの能力で支部活動を兼任したといえます。従って昨年度の青年部としての活動は納得できるものではありませんでした。
但し、青年部の在り方について再度幹事メンバーで深い議論が出来た事は大きな収穫であり、その中で、我々は何の為に青年部に入っているのか?同友会に入っているのか?青年部メンバーで語ることができ、また現在も進行中です。次代を担う我々が未来を語り合う中で、より強い絆が生まれてきたのは事実で、新たな前進につながるものです。

重点課題、目標
◇滋賀同友会の登竜門的位置付け
【本会入会若手は、先ずは青年部を合言葉に】から、経営者に必要な能力を学ぶ活動を創るという点を最も重要視していましたが部員数は減小しました。しかし新規の部員を迎え入れることもできました。
先ずは幹事会メンバーが学ぶ事を中心に位置付け、活動を実施してきました。

◇例会の魅力、活性化に向けて
2月、3月ではBIG例会などを取り組みました。
昨年度の反省を踏まえて、参加人数ばかりを追うのでなく、しっかりと新規入会者のフォローにあたる、幹事の紹介を中心に共に学べる仲間の増員を心がけ活動を行いました。

◇会員増強
上記で述べているように、各会員特に幹事会メンバーが推薦する新規紹介者を確実に会員にしていけるように魅力ある会にしていく努力が必要です。次に、会員増強としており更なる強化が必要です。

◇幹事会の魅力づくりと活性化に向けて
幹事会に出席する事で、深く学べる内容を追求してきました。今年度は幹事が主体者となり、責任と自主運営を心がけ幹事会が開催できました。組織としての機能も動きつつあり、特に例会委員会は率先して魅力ある例会づくりについて議論がなされました。次年度に向けての基盤づくりともいえる内容となりました。

②近畿合同例会
◇近畿圏青年部サミット(各府県青年部正副幹事長の会議)に積極的に参加しました

◇近畿圏合同例会(規模100人以上の各府県合同例会)
毎月1回サミットを実施し今年度は11月に合同例会を企画しました。4月~3月で10回実施され、このサミットでは半分を合同例会に向けて打合せに費やし、半分は各府県の活動報告を交えて情報交換を行い、各府県が持ち帰り自青年部をより活性化することに役立ちました。
また合同例会の企画は、滋賀県で開催した青全交に遡り、(‘04大阪、‘05滋賀(青全交)、‘06兵庫、‘07京都)と各府県持ち回りの開催とし、今年は『なんで青年部やねん!? ~人間力を磨き、経営に活かせ!!~ 』をテーマに京都同友会副代表理事青年部OBの臼井氏に報告を戴きました。’08は奈良県での開催(奈良同友会青年部担当)の予定です。

主な活動

日時

会場

活動

備考

12/13

19:00~
21:00

グリーンホテルYES近江八幡 12月例会 テーマ
「社長がいなくなったら、明日どうしますか?? ~後継者が経営者になる瞬間~」

報告者
安井 栄作氏
大安工業(株)
取締役部長

05/25

ホテルニューオーミ

2007年度総会・記念例会

・記念例会
「同友会運動の第一歩は青年部から」
・報告
宮川卓也氏

このページの先頭へ