方針と総括2009

スローガン

『人間力と経営スキルを磨く!』

基本方針

青年部では、同友会の3つの目的【良い会社をつくる、良い経営者になる、良い経営環境をつくる】のもと、自らの資質を向上させ、自社の経営に活かし発展させることを目的に、後継者・青年経営者という立場でしかできない、または、だからこそできるような活動を行ないます。また、そうすることが地域経済の活性化につながり、そして、同じ志を持つ者が増えることでその活性化が加速度的に進むのだという理解のもとで会員の輪を拡げていきたいと考えています。

これを前提に、本年度は、厳しい経営環境の今だからこそ、私たち中小企業の青年経営者・後継者にとって試されている「人間力」「経営スキル」の高さを改めて見直し、リーダーとして、その魅力に仲間が集まるような人間性と、どのような難局にも対応できる経営技術を身につけたいと思います。

課題と計画

・課題-【例会への出席率向上及び仲間創りの強化】

・幹事会の結束をより強固に図り、幹事会の出席率向上を第一とする

・同じ問題意識を持つものを例会に呼びかけ仲間創りを図る

・計画-「人間力」

・青年部会員の体験報告を聞くことと、本音で語り合うことで、人間関係をつくる例会を行なう(年間10回)


「経営スキル」
・スキルアップにつながる研修等を行なう(年間5回程度)

前期の総括

今年度は活発に活動できました。6月の言いたい放題例会から始まり青年部の課題を抽出しトーマツ勉強会を開催。また、11月には家族例会と称し会員とのキャンプを実施。家族総勢40人参加で絆を図れる有意義な時間を過ごしました。近畿圏合同例会は1年間会議を繰り返し、2月に奈良県で開催し140人の出席(滋賀からは10人)で成功裡に終えることができた。3月には恒例のBIG例会を成功させ、年々、間違いなく青年部の成長が見られています。長期目標を掲げて、衰退しないように取り組んで行きます。

このページの先頭へ