方針と総括2010

スローガン

『磨け!人間力と経営力』~仲間とともに、勉強と実践の継続を~

基本方針

リーダーや後継者、そして経営者として会社の経営に深く関わるわれわれは、家族はもちろんのこと、 ともに働く仲間の人生をも背負っています。 自分や家族や仲間を幸せにするために、良い経営者・良い会社・良い経営環境を目指す私たち青年リーダ ーにとって、
その魅力に仲間が集まる「人間力」
 どのような変化にも対応できる「経営力」
を磨くことは必要不可欠です。

本年度は、昨年度に続き、「人間力」と「経営力」を磨く活動を継続して行います。

課題と計画

【課題】
①会員が、経営課題について自ら考え実践する場の創出。
②会員間のみならず、広域にわたって青年リーダー同士の切磋琢磨し合える場の創出。
③会員の例会出席率の向上と会員数の増加。

【計画・目標】
①方針、課題に沿った毎月1回の例会の開催
②近畿圏青年部合同例会の開催
③会員の例会出席率平均40パーセント及び会勢60名の達成

前期の総括

青年部では、『磨け!人間力と経営力』~仲間とともに、勉強と実践の継続を~のスローガンのもと、次代を担う青年リーダーとして、その魅力に仲間が集まる人間力と、どのような変化にも対応できる経営力を身につけるべく、その一歩を踏み出し継続して学ぶ活動を行いました。

1)例会のテーマの絞込みと内容の充実 
2)会員の例会出席率の向上 
3)会員数の増加
4)組織運営の質の向上

の4点を課題とし、その具体的な計画・目標として、

1)会員の例会出席率年間平均40%の達成 
2)青年部会勢70名の達成
3)充実した例会の実施
①経営体験報告から学ぶ例会の開催(年間4回)
②スキルアップを目的とした研修例会の開催(年間5回)
③企業の視察を目的とした例会の開催(年間1回)
④青年部活動の外部へのPRを目的とした例会の開催(年間1回)
⑤会員間の交流を深めることを目的とした例会の開催(年間2回)
4)組織活動の定式化(フォーマット作成等)

としました。

もっとも重点を置いた「3.充実した例会の実施」は、方針に沿った質の高い内容で毎月1回実施でき、また、毎回20名前後の参加を得ることができ、スローガンに掲げたとおり、人間力と経営力を磨くことができたことは最大の成果です。

また、継続して実施することで、参加者同士のコミュニケーションも次第に深まり、仲間作りにおおいに貢献できたことと、運営側として「4.組織活動の定式化」が大きく進んだことも大きな成果です。会員のみなさまから預かった限りある予算の中で、いかに質の高い例会を提供できるかを突き詰めていく中で、書類や会議運営の定式化と、質の高い議論ができるようになってきました。

しかしながら、「1.会員の例会出席率年間平均40%の達成」に対し、結果は35.3%であったことと、「2.青年部会勢70名の達成」に対し、期首より5名減となったことについては、メールやチラシに多くを頼ってしまった案内手法や、勉強する仲間の輪を広げる重要性に対する認識に課題が残りました。

このページの先頭へ