リンク集

過去ログ

2010年度以前の記事

滋賀同友会
携帯からも最新の
情報が見られます。

記事一覧

トップ > コラム > 新産業創造委員会

海外ビジネス研究会~インド視察と日本の粋を感じる納涼会~

 滋賀県中小企業家同友会新産業創造委員会海外ビジネス研究会が9月1日(木)17時~京都は先斗町の「山とみ」さんにて行われ、13人が参加しました。

 今年度開催する第5回目の視察研修は「インド」!です。

 青柳企画委員長より平成29年1月28日(土)~2月5日(日)に行うインド視察の行程表について説明があり、参加費を20万円(飛行機代と現地宿泊、食費、視察比、団費含む)ほどに見込んで、寝台車による移動も組み入れていること。募集は15人限定。視察先での事故等は各自が旅行保険に加入して参加者の自己責任であることを確認。現在10名ほどの参加が確定なので、一般的な視察ツアーではないこと(添乗員はいない手作り運営で、自己責任。わがままを言わないことなど)を理解できる人に声を掛けることになりました。
 ファイル 1654-1.jpg

 このあと、京都の夏の風物詩、鴨川の床にて風を感じての納涼会。
 日本の粋を堪能いたしました。
ファイル 1654-2.jpg
ファイル 1654-3.jpg
ファイル 1654-4.jpg
 海外ビジネス研究会は、自主・民主・連帯の精神で海外を観て、感じて、仲間を作り、自社経営の発展にいかすことを目的にしています。

 研究会にご関心をお持ちの方は、滋賀県中小企業家同友会までご一報を。(担当 廣瀬元行 TEL077(561)5333) 

めざせ「インドへの道!」海外ビジネス研究会

 2016年度第1回目の海外ビジネス研究会(新産業創造委員会内)が6月7日(火)午後4時から同友会事務局で開催され12名が参加しました。
ファイル 1608-1.jpg
 今年は海外視察研修会を始めて5回目となる節目。これまで、中国、ベトナム、カンボジア、ミャンマー、モンゴルを訪問し、参加企業では海外展開や人材の確保、大学での海外インターンシッププログラムの展開など多くな成果が生まれています。
 そして5回目となる視察研修会は「インド」を目指しています。
 研究会では日本在住のインド人経営者、RAMASAMY MANIKANDANさんの協力を得て、11月に1週間の視察を計画(11/5~13の予定 募集限定15名 費用約22万円)しています。
 そのスケジュールについて大いに議論しました。
ファイル 1608-2.jpg
 議論のあとは、毎回居酒屋談義。
 海外ビジネス事情について、大いに語り合いました。
(M・H)

「サクラコレクション」参加者を迎えて懇親会~海外ビジネス研究会特別企画~

 滋賀県中小企業家同友会海外ビジネス研究会の特別企画として、3月2日(水)午後7時より長浜市の住茂登にて「サクラコレクション」参加者を迎えて懇親会を行い19人が参加しました。
ファイル 1564-1.jpg
 サクラコレクション(SAKURA COLLECTION)とは、染物や織物などの日本の素材を用いて、海外の服飾デザイナーが「日本」をテーマとした作品を発表するショーを中心に、多角的なアプローチで国際文化交流を行うイベントです。日本とアジア相互の観光プロモーション、中小企業の海外進出サポート、世界の若手クリエイターを対象とした作品コンテストなどを実施しています。
ファイル 1564-2.jpg
ファイル 1564-3.jpg
http://www.sakuracollection.com/
 今年は、日時:2016年3月5日(土)14:30開場 15:00~17:30くらいまで場所: 横浜赤レンガ倉庫イベント広場特設会場内にて開催されます。
 滋賀では近江上布と浜ちりめんが採用されていて、その視察のために、タイのデザイナーさんやベトナムのモデルさん、放送局のカメラクルーがご来県。この取り組みに関わりのある海外研究会のメンバーである太洋産業の小田柿さんの取り計らいで、海外ビジネス研究会の特別企画として懇親会を開催しました。
ファイル 1564-4.jpg
 英語、タイ語、ベトナム語が飛び交い、とっても国際的な夕べとなりました。滋賀の魅力を少しでも伝えらたかと思います。
ファイル 1564-5.jpg
 皆様、お疲れさまでした。

来年(2016年度)はインドの視察か!~海外ビジネス研究会忘年会~

 滋賀県中小企業家同友会新産業創造委員会の海外ビジネス研究会が12月14日(月)午後5時から京都先斗町のお食事処「山とみ」で行われ、17人が参加しました。
 小林清会長より「2015年は北京からシベリア鉄道でモンゴルを訪問するという、鉄道マニアの私にとって人生最大の想い出となる研修会を行えました。対年度は記念すべき第5回目のアジア視察研修会を開催することになります。良い年を迎えることができるように、今日は大いに語り合いましょう」と挨拶。
 廣瀬専務理事からは「これまで訪問した国は、中国、ベトナム、カンボジア、タイ、ミャンマー、モンゴルです。訪問を通じてベトナムからの研修生受入が始まり、ミャンマーからも研修生を来年から受け入れることができそうです。また、ミャンマーで耳の不自由な女性の自立支援に乗り出す仲間もでてきました。過去4回の訪問で培った繋がりを、個々の企業や同友会として財産にしてゆきたいものです。知らないことを知り、感じ、学び、グローバルな感性を磨くことが、私たちのテーマ。パッケージ化された海外訪問では学べないローカルの暮らしや情報を掴めるのも、この研究会の活動です。2016年度は第5回めの視察を行うことになります。集大成となる視察研修のご討議を」と問題提起があって意見交換いたしました。
 そして、最終的な方向として、誰もが一度は訪問すべき国として「インド」に照準を合わせて、情報を集めることになりました。
 来年2月には、インド視察情報を集めて研究会を開催し、スケジュール化してゆきます。
ファイル 1538-1.jpg
 このあと、忘年会では鴨川の風景を窓越しに眺めながら、料理とお酒をいただき、良いあんばいのひとときを過ごしました。
ファイル 1538-2.jpg

ファイル 1538-3.jpg 

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ