リンク集

過去ログ

2010年度以前の記事

滋賀同友会
携帯からも最新の
情報が見られます。

記事一覧

トップ

湖南支部 6月例会事前レポート2 報告者「滋賀学園安居校長先生」

先日、開催された安居先生の講話に早起きをして参加しました。

テーマは『いま問われている学校の役割-「教える」から「学ぶ」への大転換-』でした。

ファイル 1604-2.jpg

講話の後、感想を求められた参加者が「私は今日の話を聞いてガッカリした」と発言されました。
経営者である発言者は、最近の若者の自主性のなさ、社会常識の不足、学校教育へ疑問を
指摘されたうえで、入社した社員には厳しく教えている。
しかし先生の話された「教える」から「学ぶ」へ変えなければならない。という観点で考えれば、
私は間違っていることになる。自分の考え方、行動に「ガッカリ」と表現されたのでした。

しかし発言の内容をうかがっていると「教える」から「学ぶ」へ、そんなことが本当にできますか?
いくら学校が、教育が変わっても、家庭(親)や世間の価値観は変わらない限り、
子どもは変わらない。といった思いが伝わってきました。


教育が変わることの難しさ、変わるのに必要な時間の長さ、
そしてこの国を作るのは教育だと改めて感じました。

ゆとり教育から20年、平等を重んじ、突出することを求めない。

できれば自分で判断したくない。今その世代が社会に出ようとしています。

同じように今回の大転換を受けて、学ぶ力を身に付けた人たちが活躍を始めるのは
20年先かもしれません。だから少しでも早く始めなければならない。

学ぶ力を身に付けることの重要性をご自身が体感された安居先生から
「教える」から「学ぶ」への大転換の重要性と、教育者としての思いをうかがいたいと思います。


(中村委員)

湖南支部 6月例会のご案内
2016年6月21日18:15~20:30 会場はクサツエストピアホテルです。
お申し込みはこちらからお願いいたします!

ゲスト参加も大歓迎です!参加登録は下記URLからお願いします。
お申し込みは、こちらから!

同友しがサマリ バックナンバー 2016年度 更新しました

2016年度

同友しがサマリ

同友しが

6月

5月

4月

びわ湖かがやき カンパニー vol.60 2016年6月 有限会社 楽市楽座「水茎陶芸の里」

びわ湖かがやき カンパニー vol.60 2016年6月 有限会社 楽市楽座「水茎陶芸の里」

有限会社 楽市楽座
近江八幡の長命寺の近く。「水茎陶芸の里」が創業したのは1989年のこと。10年後、先代から家業を引き継ぎ、業績を伸ばし続けてきた2代目代表取締役、いまいひさのりさんを訪ねました。(取材/4月26日)
ファイル 1598-1.jpg
ファイル 1598-2.jpg
ファイル 1598-3.pdf

「琵琶湖ブルー」
「普段使いの日常食器」
有名焼き物ブランドとの住み分け

 「水茎焼」の販売・作陶体験スポットとして、ここ近江八幡は3
0年以上前から、また長浜にも店舗がありますが、業績を伸ばして来られた要因は何だとお考えですか。

今井 滋賀県の陶芸と言えば、最も有名なのが「信楽焼」です。土、焼き、細工の三つにこだわり、多くの作家たちが鎬を削りながら〝芸術品〞と呼ばれる高価な器をつくり上げています。
 陶芸作家ではない私たちが提供する「水茎焼」は、毎日使える日常食器で、誰でも気軽に作陶体験をしていただける陶器です。琵琶湖をイメージするきれいな「ブルー」というカラーリングに最もこだわり、日本古来の線画をベースとした和陶器です。
 単身赴任をする家族に「ふるさと滋賀を思い出してもらいたい」と〝琵琶湖ブルー〞の器セットを買いに来られるお客さま。また、〝郷土の自然〞をイメージする器として、結婚式の引き出物にも多くのご利用をいただいております。
 前に誰かに聞いてずっと心に残っている「いいモノが売れるというより、売れるモノが売れるんだ」との言葉のように、先代の頃よりブレることがなかった〝琵琶湖ブルー〞と〝郷土の自然〞という「水茎焼」
のコンセプトが、お客さまに認められ、支持され続けてきたことではないでしょうか。

勉強会、全員営業
さまざまな経験が
スタッフを強くする

 社員教育にも力を入れておられるとか。

今井 現在の従業員数は、近江八幡と長浜を合わせて14名です。陶芸指導、陶器販売、レストラン(近江八幡のみ)の仕事すべてを全員がこ
なせるように勉強会を重ねています。毎朝実践しているのは誰もが小学生のころに経験した100マス計算。業務上、暗算を早く正しくこなすことは大切なことです。その他にも時事ニュースのディスカッション、言葉遣い、整理、整頓、パソコン研修など、さまざまな研修を就業時間内に行っています。また、大阪・神戸など県外へ全員で出向き、自転車で企業や旅行会社を回りながら営業活動を行うこともあります。業界的にも仕事内容はキツイかもしれませんが、これら一つひとつの経験が、従業員たちを強くたくましくし、ここ数年では病気で休む社員がいないほどです。
 一方で有給取得率は100%。閑散期となる冬場は長期休暇を取得できる体制を整え、仕事とプライベートにメリハリをつけ、どちらも大切にできる環境を整えています。

湖国の「水茎焼」
「モノづくりの楽しさ」を
これからも伝えて

 長浜と近江八幡の陶芸教室のお客さま層とは。また、今後の展望などをお聞かせください。

今井 平成9年、滋賀県内での人気観光地である長浜に「ほっこくがま」をOPENしました。お客さま層は、黒壁に訪れる東京や東北地方など遠方の観光客がメインです。近江八幡の「水茎陶芸の里」は、作陶体験のほか、近江八幡の郷土食を取り入れたレストランを併設し、館内とバーベキューガーデンを合わせて一度に400人まで受け入れられる規模です。そのため、修学旅行生をはじめ、校外学習や子ども会、その他団体のお客さまを数多く受け入れています。近年は想定より多くのお客さまにご利用いただいており、これでも手狭になってきました。吹き抜けの木造施設も築30年以上になり、修繕を含め拡張したいところですが、
隣が神社であるためこれ以上の拡張が望めないのが悩みです。ここ近江八幡は比較的狭いエリアに観光地が集中しており、琵琶湖や長命寺にも近く、立地条件の良いこの場所から移転することも考えられません。
 そうであるならば、今ある近江八幡と長浜の2か所の教室・店舗で、一人でも多くの観光客の皆さまや子どもたちに「水茎焼」を見て触れて作陶体験してもらえたらと。
 自分でつくった器は、重くて実際には使いにくいものです。でも、押し入れに眠ってしまった器が、いつかひょっこり出てくると当時を懐かしく思い出すことができます。〝モノをつくる〞というのは人間の本能であり、とても楽しいことであることをより多くの人に体感してもら
いたいですね。
 これからも変わらず、琵琶湖ブルーの「水茎焼」を守り続けていけたらと思っています。

有限会社 楽市楽座
【水茎焼陶芸の里】
近江八幡市中之庄町620 TEL:0748-33-1345
【陶芸工房 ほっこくがま】
長浜市元浜町8-19 TEL:0749-68-2680
http://www.mizuguki.com/

※有限会社 楽市楽座 2017年度学卒採用募集中!
 採用情報はこちらより⇒http://www.jobway.jp/member/index.php?c_func=doyumenu&c_idpref=23&c_dvsearch=3&c_cdpref=25

「びわ湖かがやきカンパニー」に掲載希望の会員様は、同友会事務局までご連絡ください。
お申し込み多数の場合は、理事会等で掲載順を決めさせていただきますのでご了承ください。
滋賀県中小企業家同友会事務局
TEL 077-561-5333

滋賀で働き、地域社会の発展に貢献する!滋賀同友会2017年学卒者採用共同求人サイト~Jobwayご紹介

滋賀で働き、地域社会の発展に貢献する!滋賀同友会共同求人サイト~Jobway
 滋賀サイト⇒http://www.jobway.jp/member/index.php?c_func=doyumenu&c_idpref=23&c_dvsearch=3&c_cdpref=25

 滋賀県中小企業家同友会では2017年学卒者採用・共同求人サイト~Jobway~を運営しています。

 現在サイトへの掲載企業は13社です。
 
 株式会社あぐり進学  
 株式会社イマック   
 株式会社エフアイ   
 株式会社澤村  
 株式会社シンコーメタリコン  
 株式会社ジェイジェイエフ   
 株式会社ジョーニシ  
 株式会社ピアライフ  
 滋賀ビジネスマシン株式会社  
 大洋産業株式会社  
 前出産業株式会社  
 水茎焼陶芸の里   
 宮川バネ工業株式会社

 各企業の採用情報、会社説明会や選考へのエントリーは、Jobwayより行えます。

 Jobway全国サイト⇒http://www.jobway.jp/member/index.php

 中小企業は地域経済の担い手です。
 中小企業は、地域の人々の願いに応え、暮らしを支え、新しい仕事を生み出し、地域の雇用を担っています。
 中小企業で働くことは、地域社会の豊かな発展に貢献することです。

 滋賀で、中小企業で働き、地域社会に貢献しましょう!

 お問い合わせは
 滋賀県中小企業家同友会
 担当 廣瀬まで。
 TEL077(561)5333
 FAX077(561)5334


 

湖南支部 6月例会予告レポート1 報告者「滋賀学園安居校長先生」

参加者 北野支部長・井内・笠井・石川・赤井・坂口・矢半田・中村(敬称略)

6月例会の報告者は滋賀学園安居校長先生です。
お伝えしたいことが多すぎるので、2回に分けてレポートしたします。

滋賀学園は、選抜の県勢13年ぶりのベスト8で注目されましたが、
今回報告をお願いしたきっかけは、昨年放送されたヒューレットパッカード社のPCのCMでした。

導入事例として滋賀学園の生徒の様子、先生の感想が全国に紹介されました。
これを仕掛けたのが安居先生です。

CM(=広報活動)は本来「外」に向かうものです。でもこのCMを見た生徒はどう思うでしょう。

先生は?父兄は?

「うちの学校出てるやん」「ちょっとカッコええやん」「うちって凄いことやってんのちゃう」

これほど生徒のモチベーションを上げる手段はないと思います。

滋賀学園の生徒であることに誇りを感じるのではないでしょうか。
また、どんな説明よりも学校が取り組もうとしている方針が明確に伝わります。
これをタダでやる。スゴイ仕掛けです。

先生は生徒に人として尖がることを求めておられます。
第一、先生の言葉が尖がっています。先生はいわゆる雇われ校長で、創始者であり、大きな決定権を持つ理事長がいらっしゃいます。

打ち合わせの中でその学校の運営に対する様々な提案が次々に出てきます。
なぜ先生はこんなことが言えるでしょうか。言えるようになったのか。

それは、先生の物事の見方、判断基準が「自分」ではなく「相手」や「みんな」、
「学校」さらに言えば「滋賀学園だけではなく日本の学校教育」にあるからです。

「自分」を基準に置けば、56才の先生はそれなりの実績があり、上からも認められているのだから、
今の調子で定年までという考えがあってもなんの不思議ではありません。

でも先生はさらに尖がろうとしています。いつか滋賀学園の枠を超えるんじゃないか。
その時には滋賀県という枠もとうに超えていらっしゃるでしょうが。


先生の判断基準が「自分」から「相手」や「みんな」になったか。今回の報告でお聞きください。
絶対、ワクワク、ドキドキの6月例会「ワク熱!安居教室」のご参加ください。

(中村委員)

湖南支部 6月例会のご案内
2016年6月21日18:15~20:30 会場はクサツエストピアホテルです。
お申し込みはこちらからお願いいたします!

ゲスト参加も大歓迎です!参加登録は下記URLからお願いします。
お申し込みは、こちらから!

立命館大学 学内合同企業説明会で共同求人活動・JOBWAYをピーアールしました。

 立命館大学学内合同企業説明会が5月28日(土)13:30~17:00までびわ湖・るくさつキャンパスエポックホールで行われ、滋賀県中小企業家同友会の共育委員会では、共同求人活動を推進する担当役員を中心に4社が説明会に参加しました。

 この説明会は、立命館大学のキャリアセンターが主催。主に採用実績のある大手企業を中心に説明会は行われてきましたが、今般、同大学経済学部と同友会が協力協定を結び、9月よりキャリアデザイン講義を開催するなどの関係が強まりもとで、同友会として共同ブースを設けることができました。
ファイル 1600-1.jpg
 学生は約90人が参加。オリエンテーションでは参加企業13社に加えて同友会より共育委員会共同求人担当役員の宮川草平さん(宮川バネ工業社長)があいさつ。東証一部上場企業、非上場でも関連企業ばかりの挨拶が続く中で、「中小企業は地域社会の主役です。中小企業で働くことは地域社会へダイレクトに貢献することです。今日はそのような滋賀と京都の企業情報を提供しに来ました。また、採用決定権を持つ経営者が4人皆さんの就活の相談のに応じます。気軽にブースへおこしください」とPR。

 このあと40分間を1クール、計4クールでの説明会が説明会が行われました。
 学生さんたちはお目当ての企業ブースを訪問しましたが、なんと同友会の共同求人プースは毎回満席で大盛況。急遽椅子を増やして対応しました。
ファイル 1600-2.jpg
 学生さんには滋賀と京都の採用情報誌を手渡し、エントリーの方法や、中小企業の面白さ、求める人材像等をお伝えし、9月の合同企業説明会を紹介。学生からは、「海外展開はどう考えていますか」「大学で学んだことをどのように生かせますか」「選考の基準は?」という問いに、参加した役員が身振り手振りで熱く答え、結果、なんと30人もの学生さんに訪れていただくことができました。

 立命館大学のキャリアセンターの方もブースの盛況ぶりに「学生が地域の企業情報をこんなに求められていると知って驚きました。今日は来ていただいて良かった」と。
ファイル 1600-3.jpg
 同友会役員は「共同求人としての情報を持ってきたから、学生さんも来てくれました。地元の中小企業の採用情報が多く集まり、経営者と話ができると言うことになれば、大企業に負けない強みとなることがわかりました。こういう形での参加を今後も大学へ呼びかけてゆきたい」と
語っています。(M・H記)


 
 
 

甲賀支部 第3回総会開催しました

支部第3回総会が、5月26日木曜日、午後5時30分より、サントピア水口勤労青少年ホームにて開催され、社員・ゲストを含め22名が参加しました。
 
 第3回総会では、15年度活動報告、収支報告が行われ、16年度新役員12名及び、方針と予算が承認されました。
ファイル 1605-1.jpg
 支部支部長は、昨年に引き続き㈲ワークロード 代表取締役の川崎博治氏が選出され、「支部設立3年が経過し、地域性を活かし、人と人とが関わり合い、経営で切磋琢磨してよい会社をめざしましょう」と訴えられました。
ファイル 1605-2.jpg
 総会後、記念例会が開催され、滋賀同友会社員共育委員長の小田柿喜暢氏(大洋産業㈱代表取締役)より、「社員共育による全社員団結までのみち」をテーマに、社長後継後の社内実践について報告いただきました。
 小田柿氏は「社内で解決しない共育解題はたくさんあります。例えば後継者育成。経営者に必要な知識は社内で学ぶことができますが、経営者としての立ち居振る舞い、考え方などは同友会の多くの経営者から話を聞き、学ぶことが重要です。共育委員会や支部例会、全国行事などをどんどん利用して自社経営に生かして下さいとまとめられました。
ファイル 1605-3.jpg

湖南支部 湖南6月例会のご案内

滋賀県中小企業家同友会 湖南6月例会は、
滋賀学園 中学・高等学校学校長 安居長門氏氏を報告者お迎えして開催致します。

ゲスト参加は大歓迎です!! 参加登録は下記URLよりご登録下さい。
https://shiga.e-doyu.jp/s.event/showDetail.html?init&eid=528151

滋賀学園といえば、今年の春の選抜高校野球、県勢13年ぶりのベスト8を思い浮かべる方が多いと思いますが、昨年からヒューレットパッカード社のPCのコマーシャルに何度も滋賀学園が登場しているのをご覧になった方もいらっしゃると思います。その仕掛け人が、安居先生です。


6月例会では、前半で教育に求められるものと学校の役割。後半でその中で滋賀学園、安居先生が目指すものをお話しいただきます。

第1部「いま問われている学校役割」


日本の教育が変わろうとしています。変わることが求められています。「教える」から「学ぶ」へ。生きる力・生きる智慧を生徒自らが学び取り、身に付けることが求められています。

第2部 体験「ワク熱! 安居教室」


今年の滋賀学園の入学式は、午前午後の2部制で行われました。午前中は式典。午後は「ワク熱! 安居教室」。ネクタイを外し。インカムを付けた安居先生が、スクリーンの映像とともに入学生に語り掛けます。「ワクワクしてるかい」「未来の仕事はどうなってる」「この学校でどんなことを学びたい」・・・

「Real Life and Street Smart」安居先生のメッセージです。


湖南支部 6月例会のご案内
2016年6月21日18:15~20:30 会場はクサツエストピアホテルです。
お申し込みはこちらからお願いいたします!
https://shiga.e-doyu.jp/s.event/showDetail.html?init&eid=528151

東近江支部 5月例会開催しました

東近江支部5月例会が、25日水曜日午後6時30分より、八日市商工会議所で開催され、22名が参加しました。
ファイル 1595-1.jpg
 報告者は湖南支部所属のNPO法人縁活「おもや」の杉田健一氏より「農業が“働く”を活かす~木村式自然栽培への挑戦を通して~」をテーマに報告いただきました。
 詳細は追ってアップいたします
ファイル 1595-2.jpg

ファイル 1595-3.jpg

湖南支部第36回総会、記念例会を開催しました。

5月24日火曜日、クサツエストピアホテルにて、湖南支部36回目となる定時総会を開催しました。

ファイル 1603-1.jpg

 15年度活動報告の後、16年度新運営委員を選出し、昨年に引き続き、北野裕子氏(㈱エフアイ代表取締役社長)が支部長として選出されました。

「昨年は急な支部長をまかされて、何をどうしたらいいか戸惑いがありました。
しかし、周りの素晴らしい役員方のお陰で、素晴らしい活動を行うことができました。
今年は2年目ということもあり、ある程度支部長という役目に慣れてきましたので、最初から全力で活動していきたいと思います!」
という力強い所信を頂きました。

 総会議事の後は記念例会が開催されました。
報告者は、今年度より滋賀県中小企業家同友会青年部幹事長に就任されました。石川 朋之氏 ㈱HONKI 代表取締役に「強い想いは国境を超える~300キロオーバー、0.1秒を争う世界で育った元バイクレーサーの飽くなき挑戦~というテーマで報告して頂きました。

ファイル 1603-2.jpg

石川氏のレーサー時代の経験が今の経営に繋がっているということ。
仲間を信じる大切さや、社員が同じ目標を向き、力を合わせて行動して行くにはどうすればよいか?
バックエンド思考を生かす方法
石川式採用方法!
ドバイの話など、盛りだくさんの報告でした。

ファイル 1603-3.jpg

石川氏の笑いあり、涙ありの素晴らしい報告を聞き、参加された方々は学びの多い例会だったと思います。
湖南支部2016年度最初の例会に相応しい報告でした!!
また青年部幹事長に就任され、今後の青年部も非常に楽しみです!

2016年度に入り、益々勢いを見せる湖南支部!!
素晴らしい2016年度になることが期待できる定時総会となりました!!

ファイル 1603-4.jpg

記MR

2016年度湖南支部役員一覧
ファイル 1603-5.png

※湖南支部第36回定時総会に配布させて頂いた、総会資料に何箇所か間違いがありました。
大変失礼致しました。

修正点
総会資料P5 ・研究グループ委員長→研究グループ会委員長
      ・研究グループ副委員長→研究グループ会副委員長

総会資料P8 ・6.例会の構成~→ 7.例会の構成~

総会資料P9 ・中小起業家同友会 → 中小企業家同友会
  ・1979年に設立せれ → 1979年に設立され

総会資料P11 ・研究グループ委員長 → 研究グループ会委員長
  ・1016年度 → 2016年度

ページ移動