「経営理念」は文書よりも、態度で表せばよいのでは?

多くの会社では「経営理念」は立派な額縁に入れて、社長室に掲げられていたりします。しかし、掲げた理念通りの姿勢ではない残念ながら会社も多数見受けられます。

幾ら素晴らしい文面の「経営理念」でも、それが会社全体で理解され、実践され、社員の成長や、地域への貢献を通じて会社の維持・発展に寄与するものでなければ何の意味も無いと言って過言では無いでしょう。

しかし、一方で文書にして、経営者を含めた社員全員が常に振り返れるようになっていなければ、その実現がおぼつかない事も事実です。

激変する経営環境の変化の中で、つい目の前の対応に追われて、本来一番大切にしなければならない会社の目的・存在意義を見失ってしまう事があります。そんな時、「経営理念」の文面を読み返してみて、あるべき姿をもう一度確認することがとても大切な事だと思います。

このページの先頭へ