「経営戦略」の学び方

では、「経営戦略」はどのようにして学び、自社に当てはめ、実践していけば良いのでしょうか?多くの「経営戦略」のテキストでは、成長マトリクスや、SWOT、3C分析などを使って自社の強み、弱み、脅威となる外部環境、チャンスとなる外部環境などを具体的に把握して、そこから「経営戦略」を導き出すようにと教えています。モチロンこれらは「経営学」の成果であり、正しく重要なものです。しかし、実際にはこれらの手法を通じて、自社の具体的な「経営戦略」を導き出すのは、特に情報や人材に限りがある中小企業にとっては難しい事です。

もう1つの方法として、戦略によって大きく経営の方向を変え、成功している事例を参考にするこがあります。ただ、これらも「アイフォン」や「グローバル戦略」と言ったビッグな話しが多く、そのまま中小企業に当てはまるケースは少ないのが実情です。

実は、もっと身近で、自社にも参考になる「経営戦略」の事例が中小企業家同友会の会員企業には多数あります。
これらを、出来るだけこのサイトでご紹介してまいりたいと思います。多くの中小企業が困難に出会って、戦略を考え、会社を変革させながら、それを乗り切って行った事例を参考にしていただき、皆さんの会社が今後も発展を続けられる事を期待しています。

このページの先頭へ