方針と総括2009

スローガン

「同友会理念のもとに、集おう、語ろう、踏み出そう」  未曽有の不況はまだ顔を覗かせたばかりであり、その先行きは不透明感をぬぐえないでいます。 事業を守り、社員を守り、引いては地域を守っていくことは、現実と理想のジレンマとの戦いです。 同友会理念を共有する仲間が集い、そして語りあうことの中で同友会理念に沿った行動が現れるのではないでしょうか。 今まで学んだこと、これから学ぶことが今こそ発揮されなければなりません。改めて同友会理念の根源を、先人の思想・思考をバイブルとして、挑戦する経営者として荒波に踏み出す気概を生み出す活動を創造していくときだと思います。

基本方針

1)例会委員会 戦後最悪の経営環境を踏まえて、テーマを「危機の時代を乗り越える」といたします。 2008年度の経験、教訓を踏まえ ①支部会員の報告を中心に企画します。 ②リハーサルは4回程度をめどとし、報告者自身の振り返り・気づきを重視します。また参加会員に聞きやすい、判りやすい、時間を守った報告とするよう努力します。 ③好評であった、平和を考える例会、グループ討論例会は今年も開催したい。 ④例会委員会を立ち上げ、組織的な運営を進めていきます。 2)組織活性化委員会  運営委員会においては、各委員が担当する活動について、例会準備においては全うしていただいたところですが、組織活性においても担当を決め、支部運営を進めて行きます。 会員増強においては、増強グッズのみならず各委員並びに会員が、説明できる自信のある同友会冊子を支部で購入し、少しでも同友会の良いところに理解を求め入会に導きます。 会員訪問「大事にしようDAY」は頓挫しています、計画性と責任を持って再開すべきです。地域の企業との連携はこれからより重視されるので、どのようにして輪を広げていくか方策を練り進めて行きます。


計画と課題

前期の活動報告

このページの先頭へ