北近江支部 2014方針と総括

スローガン

「盛り上がる支部活動を」
運営委員会の活性化を通じて、支部活動全体を盛り上げていきたいと思います。参加して楽しい例会や支部行事の開催を通じて、仲間づくりを進めたいと思います。『参加して楽しかった』という例会運営をしていきたいと思います。

基本方針

①運営委員会の充実(運営委員全員で支部活動を創り上げる。)
13年に続き運営委員の数を増やし、『みんなでやるんだ』という機運を盛り上げる。そして『運営委員になればいちばん経営の勉強が出来る』ような、運営委員会づくりに努めます。

②例会の充実と活用
13年同様に、各会員が『自分がつくっていくんだ』と言う気持ちを持って取り組めるようにしたいと思います。

③支部の外へ学びに行く。
多くの先輩や仲間との繋がりを大事にしたいという意味で、北近江の殻に閉じこもらず支部外の学びの場に積極的に参加したいと思います。

④同友会らしい学びを深める。 お互いを尊重し合い、切磋琢磨し合える関係を構築して、共存共栄していける仲間となっていきたいと思います。

課題と計画

①例会を充実させる
・毎月担当運営委員が企画運営する。
・参加率30%を目標とし、当月担当運営委員がコミットする。
・担当運営委員が自ら企画した例会へゲストを誘い、増強へと繋げる。
・本年度も例会テーマの柱を「社員共育」「指針経営実践」とする。
 ②運営委員会の強化と活性化
・毎月の運営委員会を、支部の自主運営を担うと共に、経営のよろず相談が出来る場として運営委員相互に学び合う機会を取り入れます。
③全国集会・本会行事への参加
全国集会・創る会・経営研究集会などへの参加を啓蒙する。
④研究グループの立上と運営
複数の研究グループを組織運営する。例会+αの活動を増やし、会員間の繋がりをより密接にし、支部内での仲間創りと同友会活動の充実を図る。

支部会勢目標

支部会勢目標 100名会勢の達成

活動報告

2013年度は副支部長3人体制での運営となりました。支部活動は担当月制度を採り入れ、過度の負担がかからないようにやってきました。「参加する例会から創る例会へ。」というスローガンを掲げ、運営委員の数を増やし、みんなで例会を創るんだという機運を盛り上げてきました。例会の内容も「経営指針の実践」と「社員共育の実践」を柱にし、会員経営者を中心に経営体験の報告とグループ討論を通じて学ぶという同友会らしい学びの場づくりに取り組みました。

お陰様で1月までの数字ですが、運営委員会参加率 77.8%(前年実績53.5%)という高い参加率を達成しました。例会参加率についても、21%と前年12.6%から大幅に上げることができました。
会勢につきましては、89人となり目標の90名にあと一歩と言うところまで前進させることができました。
このように、運営委員会の活性化を軸にして、支部活動の活性化ができた一年だったと思います。
しかし反面、支部長不在ということで理事会にはほとんど出席できないという状況でした。
このことが、他支部との交流や県レベルでの行事への参加が少ないという結果につながっていると思います。

2013年度会員増強結果
 入会 16名  退会 9名  増減 プラス7名 会勢 89名(期首84名)

このページの先頭へ