方針と総括2013

スローガン

入って良かった同友会、入りたくなる同友会
~ 活気ある、結び合う、成長する湖南支部 ~

活動方針

基本方針
 ① 運営委員会を活性化する。
 ② 例会、研究G会、同友会行事の参加者を増やす。
 ③ 甲賀支部を創設する。
  
活動計画
①運営委員会を活性化する。
1.運営委員(オブザーバー)を増やす。
⇒会員の20%[40名]以上を運営委員とする。
2.実効ある委員会にする。
⇒組織活性化委員会を「増強」「動員」「研修」に分ける。
⇒全ての運営委員が、支部か県の何かの委員会に所属する。
3.女性運営委員の発想とパワーを活かす。
⇒運営委員の20%[8名]以上を女性とする。

②例会、研究G会、同友会行事の参加者を増やす。
1.例会に参加する既存会員を増やす。
⇒地区会員の参加率40%[80社]以上にする。
2.研究G会の参加者を増やす。
⇒女性経営者の研究G会の参加者を8名以上にする。
3.同友会行事の参加者を増やす。
⇒支部より毎年最低1社「滋賀で一番大切にしたい会社」に認定される。

③甲賀支部を創設する。
1.甲賀地区で増強する。
⇒11月30日までに甲賀地区会員を50名にする。
2.甲賀地区以外で増強する。
⇒甲賀以外で実増10名を達成する。
3.甲賀支部の組織を整備する。
⇒運営委員を10名以上にする。

会勢目標 177名会勢の達成


○甲賀ブロックの活動方針
1)スローガン 
  甲賀支部設立! その気で一致団結
   ~身近に感じる仲間と共に地域の活力を創造する~
2)方針
①50名会員でスタートする
②ブロック(支部)の結束
③甲賀らしい例会づくり
3)活動計画
①設立総会を50名会員でスタート
・会員候補のリストアップと整理を行う。(全県に協力依頼)
・ブロック会員企業に訪問して増強の支援を得る。
②ブロック(支部)の結束
・組織の体制づくり。 
運営委員を増員する。10名(例会委員4名 組織活性化委員各4名)
・会員相互の顔と名前を一致させる。
運営委員が全会員企業にもれなく訪問する。(8月例会まで)
・委員会、研究会をつくる  
各1つ以上
③甲賀らしい例会づくり
・地域の人と人のつながりでゲストも安心。
ゲストと同伴参加(友人、知人、お誘いしたい経営者) 3名/年
・他支部、全国(大会)の例会参加
・例会ツアー 2回/年
4)会勢目標 55名会勢の達成


前期の活動報告

楽しく学んで実践を喜びに
~一人一人の個性を生かした全社一丸となる強い会社づくりで、地域とつながりともに発展しよう~をスローガンに各会員の個性を生かして楽しく学び実践体験を共有できる場の提供と、開かれた支部活動を通じて仲間づくりに取り組みました。

活気ある支部作りのために運営委員が一丸となる仕組み作りが最重要であると考え、運営委員会の組織と役割を変更し、前年度まで例会の企画・運営・参加の声掛けまで担当していた例会委員会の役割を企画・運営に集中して、組織活性化委員会が全面的に協力する形で「回答率100%」を目指して毎回運営委員の中から1名ずつ指名された「声掛け隊長」がリーダーとなり例会参加への声掛けを徹底しました。

また前年度から取り組んできたFacebookやブログを通じた広報活動をさらに進めるために、新たに広報プロジェクトを設け情報発信してきましたが、今後はこれらによる効果を検証する取り組みが必要と考えます。一方若手・女性運営委員の意見が反映され自主的に活動できるよう、若手運営委員・オブザーバーが研究グループ会を自主的に運営するしくみにより得られた経験から、支部運営に積極的に参加していただき、次期女性運営委員候補であるオブザーバーのみなさんに運営委員会に参加いただき、様々な取組みについて提案いただき実行することができました。
例会作りでは、「100人例会」を目指し、同友会員・会員外を問わず、同友会理念に沿った経営を実践しておられる報告者の選定、例会報告者へのサンクスカードなど充実した取り組みができました。
前半では多くのゲストに参加いただきそこからご入会もいただきましたが、後半になってからはゲストが減少したことと、参加いただいたゲストのみなさんへのアフターフォローが不十分だったことから、今後は外部発信力を高め、会員・ゲストを問わず訪問等を通じて顔と顔が見える関係づくりが重要な課題です。

また例会報告の充実に伴いグループ討論時間が短縮される傾向に対しては、参加者の皆さんからアンケート等で賛否両論のご意見をいただいたので、今後も例会毎の目的に沿った報告/グループ討論の時間配分の最適化やグループ討論内容の充実が重要であり、グループ討論を円滑に進めるための一層の工夫が必要です。
研究グループ会では、会員外の方の参加を積極的に進めたことで入会へとつながる例が多かったので、今後もこういった取り組みを促進していきます。
地域における責任ある中小企業団体として、「滋賀県中小企業の活性化の推進に関する条例」や各自治体での中小企業地域振興基本条例については、各自治体への協力や周知活動が不十分だったので、次年度の課題として継続して取り組む必要があります。
◆入会24人 ◆退会17人 ◆増減 7人 ◆会勢167人(期首163人)

甲賀ブロックの活動
12年度は新しい仲間を迎えながら、その輪を広げながら活動してきました。例会では、金融円滑化法期限到来に対応する学習会、他支部からの応援を受けて同友会らしい学びを続けてきました。例会の参加率は上がってきており、今後は学んだことを支部の会員同士でフォローし、切磋琢磨して企業づくりをより強力に推進していく必要があります。また、第33期経営指針を創る会には3名が受講し今後も引き続き経営指針の成文化とその実践をすすめていきます。
◆入会 1人  ◆退会 7人  ◆増減 ▲6人  ◆会勢 40人(期首 38人)

このページの先頭へ