記事一覧

トップ > コラム > ユニバーサル委員会 > 平成24年度 高等学校進路指導研究会 特別支援部会 就労支援研究会にて同友会より三氏が代表して報告しました!

平成24年度 高等学校進路指導研究会 特別支援部会 就労支援研究会にて同友会より三氏が代表して報告しました!

 平成25年2月12日火曜日、10時より野洲養護学校にて「平成24年度 高等学校進路指導研究会 特別支援部会 就労支援研究会」が開催され、ユニバーサル委員会より、高橋信二副委員長(滋賀県社会就労事業振興センター センター長)、小島滋之氏(八身福祉会 施設長)、荷宮将義氏(しあわせ作業所 所長)が話題提供を行いました。

ユニバーサル委員会では、高進研から、間宮先生(野洲養護学校教諭)、宇野先生(甲南高等養護教諭)にご参加いただき、企業と養護学校の連携に関する議論を積み重ねてきました。その一環として、就労支援に携わる方が中心に参加をされる本研究会での報告となりました。

高橋氏からは国・県の就労施策の状況、小島氏からはA型作業所の現場と学校それぞれの役割について、荷宮氏からは地域で支える視点についてそれぞれ報告がありました。

 意見交換では、「今後の養護学校の進路教育の在り方」や、「実際の進路先としての作業所の今後の見通し」や広く厚生労働省の目指す方向性など様々な議論が交わされました。12時終了予定が大幅に遅れるほど白熱した議論となりました。

 今後もユニバーサル委員会では、サポステを中心とするニートフリーターの課題、障害者の課題、ひとり親など様々な課題を抱えられた方についての議論を行っていく予定です。

「ユニバーサル委員会に一度参加してみたい!」

そんな思いをお持ちの方はぜひ事務局(担当:朽木)までご一報ください!