記事一覧

トップ > 今月の企業訪問 > びわ湖 かがやき カンパニー vol.50 滋賀建機株式会社

びわ湖 かがやき カンパニー vol.50 滋賀建機株式会社

びわ湖 かがやき カンパニー vol.50

建設機械のレンタル業をはじめ、イベント業、運輸業、通信業、太陽光発電システムなどグループ内でさまざまな事業を展開する滋賀建機株式会社。同社の会長であり、滋賀県中小企業家同友会の代表理事を務める、蔭山孝夫さんを取材しました。(取材/7月1日)

< インタビュアー>
取材まとめ:八木真紀(有限会社ウエスト)
ファイル 1469-1.jpg
ファイル 1469-2.jpg
ファイル 1469-3.pdf

滋賀建機株式会社

時代の波に乗った多角経営
成功と転落
挑み続ける「挑戦型企業」

 創業からこれまでの歩みとは。

蔭山 創業は昭和46年、弟である現社長と建設機械の販売を始めました。昭和49年には建機のレンタル業に参入し、その後、琵琶湖総合開発(昭和54年〜平成8年)に携わり、琵琶湖の自然環境を元に戻す再生事業や周囲の河川工事などを請け負いました。その間約10年ほどの間で工場、本社をはじめ営業所も県内各地に展開し、お客様のご要望にいち早く対応できる体制を整えていきました。
 また、さまざまな異業種にも挑戦してきました。時代に先駆け、ゲーム施設やカラオケボックスを立ち上げ、さらに30件以上のスナックでカラオケのリース業を展開、爆発的な売り上げを記録したころもありました。
 業績の勢いに乗り、国道8号線沿いに1000坪の土地を購入し(現在の
本社所在地)、ビジネスホテルや飲食店を建設、平成9年以降は、ゴルフ練習場、アミューズメント施設、インターネットカフェ、山岳トイレの設置など、ジャンルを問わず多岐にわたる事業に着手してきました。浮き沈みの激しい激動の時代をすりぬけ、流行を追う事業の舵取りの難しさを実感したものです。
 しかし、華やかな時代を駆け抜けたチャレンジ精神は健在で、危機をバネに新たな商品開発や市場開拓を行っています。現在では建設機械器具のレンタルを中心とした建設機械の総合商社として、また土木・浚渫工事、仮設足場工事、さらにスキー場運営や不動産賃貸業など、さまざまなビジネスをグループ6社で展開しています。

中小企業家同友会の代表理事
自らを律し、会社を変え、
新たな可能性を拡げた14年

 2001年5月から滋賀県中小企業家同友会の代表理事を務めておられま
すね。

蔭山 「経営指針の確立」と「人を大切にする」という理念を掲げる中小企業家同友会で理事を務めていることは、弊社や私自身にとっても大きなプラスになっています。同友会の代表として自らを省みては経営に投影し、県内外の講演活動に出かけては経済界や産業界のさまざまな方々との貴重な出会いをいただき、滋賀県を盛り上げる取り組みにも関わってきました。
 経営者の姿勢が変われば、社員も変わり、社内が融和し団結することで社風が変わります。ただ利益を追い求めるのではなく、人と人とのつながりや人を活かすことの大切さを重要視することで、会社が変わっていったことを実感しています。
 そこから生まれたゆとりは、地域の社会的役割をも果たす企業へと成長させ、企業価値を高めることになりました。

2021年、創立50周年に向け
新体制始動

 今後のビジョンとは。
蔭山 経営の第一線にいた私が会長職となった今、これまで掲げていた当社の経営指針も見直す時期になりました。今後を担う経営陣が、これからの時代に合ったスタイルを構築していかねばなりません。
 来年4月には次世代の経営指針書を作成する予定です。また、定期的な社員研修を開き、経営側と社員側がディスカッションを重ね、社内が活気づいています。社員一人ひとりの意識の向上やスキルアップが明日の企業を支えていくことになるのです。
 2021年、弊社は創立50周年を迎えます。現在の売上高は58億円。これ
を「宝」と考えるか「荷物」と考えるかで2代目、3代目経営陣の真価が問われることになります。
 積み上げてきた企業財産をいかにして増やしていくことができるのか。現在、私は75歳ですが、50周年を迎える80歳まで、いかにして彼
らに事業承継 していくのか。それが今後の私に託された大きな使命だと思っています。

滋賀建機株式会社
愛知郡愛荘町中宿160-1
TEL:0749-42-8668
http://kenki.sk-grp.co.jp/

「びわ湖かがやきカンパニー」に掲載希望の会員様は、同友会事務局までご連絡ください。
お申し込み多数の場合は、理事会等で掲載順を決めさせていただきますのでご了承ください。

滋賀県中小企業家同友会事務局(担当:廣瀬元行)
TEL 077-561-5333