記事一覧

トップ > コラム > 湖南支部 > 湖南支部 9月例会 予告編レポート

湖南支部 9月例会 予告編レポート

「9月例会の大義は、『人間尊重経営』の実践です。

同友会が目指す『理念』そのものだと考えています。


前川さんのお話は、児童養護施設の児童との交流ですが、

児童養護に協力して下さいというのが本質ではありません。

もちろん大切取り組みですので、
支援の輪を広めることは大切なことです。

同友会の例会は、常に自社の課題との向き合い、
報告から課題解決のヒントや
自分が気づいていない課題を認識する事に意義があると思います。

例えば今回の報告では、

① 児童養護支援への取り組み⇒企業の社会的責任

② 児童との心の繋がり⇒社員とのかかわり方(コミュニケーション)

例えば障がい者雇用では、

③ 働きやすい環境の整備(5S的、人間関係)

障がい者雇用を促進されている社長さんは、

障がい者雇用に際して、『障がいに対する配慮は必要はありません。仕事に対する配慮はして下さい。』とおっしゃります。

障がいを個性ととらえた場合、健常者にも通じる部分です。」


湖南支部 9月例会のご案内
2015年9月15日18:15~20:30 会場はクサツエストピアホテルです。
お申し込みはe.doyuからお願いいたします!

ゲスト参加も大歓迎です!参加登録は下記URLからお願いします。
お申し込みは、こちらから!