記事一覧

トップ > 海外事情視察 > ○第4回アジア視察研修会~「シベリア鉄道」~

○第4回アジア視察研修会~「シベリア鉄道」~

◇「シベリア鉄道」
 視察団 団長 小林 清

 そう、鉄道ファンや旅好きの人間にとって、この6文字は見た瞬間に心がときめく、憧れのマジックワードだ。

 そして今回、区間は北京―ウランバードル間の小区間ではあるが、シベリア鉄道の1等寝台という超絶贅沢な空間で、その非日常的な時を1昼夜過ごすという、私のような鉄道ヲタクには垂涎モノのドリーム企画が実現した。

 8月25日。午前10時過ぎの北京中央駅。

 私たちの贅沢な旅の始まりを待ち受けていたのは、無情にも中国式の手厳しいお出迎え。

 平日の午前だというのに、駅構内は旧正月の帰省ラッシュかと見間違うような人、人、人の渦。
割り込み旅行者に押され、スリや置き引きに気を配り、大きいスーツケースを引っ張りながら人の波をくぐり抜け、何とか我々のプラットフォームに到着。

 そこは、数分前の雑踏が嘘のような、異次元の空間。そして左手には、深緑を基調とした、優雅なフォルムのモスクワ行き列車が私たちをお出迎え。
ファイル 1511-1.jpg
 「おっ~お!」
 童心に返った15人の大人たち。誰もが目を爛々と輝かせながら、列車の先頭を一目見ようと走り出す者、列車のロゴや行き先のパネルを写真に収める者、車掌さんと記念写真を撮る者などなど、各々が思い描いていた「シベリア鉄道」の、最高の旅の始まりを演出し始めた。

 午前11時22分。我々を乗せたモスクワ行きシベリア鉄道は、定時に北京中央駅を出発。
 さあ、これからの28時間、どんなスペシャルな“時”が、我々を待ち迎えているのだろう。
ファイル 1511-2.jpg
 果てしなく続く平原に沈む、真っ赤な夕陽。
旅番組の中の世界でしかないと思っていた、食堂車で味わう鉄道ディナー。
 列車の中で迎える国境越え。
 宝石箱をひっくり返したような、満天の星空。
 誰もが言葉を失った、地平線から昇る朝日の光景。

 私の拙い文章力ではとても表現できない、数々の異次元な体験を経たのち、車窓からは多くのゲルと低層ビルが見え始めた。この街が、どうやら私たちが下車するウランバードルだ。

 楽しかったお祭りが、フィナーレを迎えてしまった空虚感。そして、いよいよこれから始まるモンゴル大草原の旅。

 寂しさとワクワク感を併せ持ちながら、28時間のシベリア鉄道の旅を終え、私たち15人は遂にモンゴルの大地に足を踏み入れた。


小林団長のポエジーな記事のあとですが、国際列車をもう少し写真にてご紹介します。

○トイレは懐かしのタンクレス!排泄物はそのまま線路へGO。大自然のなせる技です。
○食堂車 最初は中華料理。お味は・・程々です。モンゴルに入る前に車両の入れ替えがあり(中国からモンゴルへの国境沿いの駅では、それぞれの国の鉄道の線路幅が異なるので車輪台車を交換します)、その時に食堂車も中国風からモンゴル風に(料理も)がらっと変わります。

ファイル 1511-3.jpg
8月25日は中国風 料理も中華
ファイル 1511-4.jpg
翌26日朝にはモンゴル風 料理もUB仕様