記事一覧

トップ > 研究会 東近江支部 > The 後継者 > 東近江支部・The後継者8月度開催されました。

東近江支部・The後継者8月度開催されました。

2011年8月31日午後7時から、東近江支部研究G「The後継者」が開催され5名が参加しました。

今回は7月支部例会で取り上げられた、BCP(事業継続計画)について学びました。

東日本大震災による企業倒産件数は320件に上り、阪神大震災の2.6倍(8月末時点)と報道されています。予期せぬ災害が原因で、企業が破綻すると大量の雇用が失われ、地域復興の原動力が無くなってしまいます。

地震などの天災は避ける事が出来ませんが、備える事は出来ます。経営者が災害にあって思考停止してしまうことの無いように、平時からリスクを分析し、可能な準備を怠り無く進めておく事で早期に事業活動を回復する事が出来ます。(「災害対応事例から見るBCPのポイント」中小企業庁)

事業継続計画には、①従業員の安否確認②復旧目標の表明とリーダーシップ③継続する業務の絞込み④代替手段⑤分散化⑥資金の確保⑦取引企業からの支援⑧情報発信⑨耐震措置や訓練などが重要とされています。

今後、各社で取り組みを進めて行くべきではないか?と言うことが話しあわれました。

次回は、9月28日開催の予定です。(M)