滋賀県中小企業家同友会

事務局について

事務局経営理念

  • すべては地域の未来創造のために
  •  私たちは、経営者と共に社員が育つ企業づくりと地域社会の新たな可能性を創造します。
  •  私たちは、知識と経験を蓄積し、同友会運動のセンターとして同友会理念を発信します。
  •  私たちは、共に学び、個性と能力を存分に発揮できる事務局と豊かな滋賀をめざします。

事務局経営理念の解説

 私たちは日常的に会員や地域の中小企業の経営者に関わり活動をしています。日常は企業づくりの学び合いが中心になっていますが、その一つ一つは19の市町、また滋賀県の発展につながっています。
 第1には社員が育つ企業づくりで地域に貢献し、人が育ち、地域で関わり、その地域の未来に関わってもらう、その循環づくりを担います。日常の活動は単なる業績アップや改善活動ではなく、未来につながる活動であることを忘れず行動しましょう。
 第2に事務局は日常的に同友会運動を支えるセンターです。また、同友会の財産や会員や知識や経験、地域の情報を蓄積して新たな活動を提起していく役割があります。同友会理念をブレず発信し、全国の同友会と連携しながら活動していきましょう。
 第3に私たちは壮大な運動に従事しつつも、滋賀に住むいち住民であり、主体者です。縁あって事務局で関わり、育ち合う関係をめざしましょう。その個性と能力を存分に発揮できる職場づくりをめざし、事務局以外でも発揮し、豊かな滋賀をめざします。
※新たな可能性、豊かな滋賀
 豊かな滋賀とは、住民や私たちに様々な選択肢が多く、可能性がある社会です。少子高齢化や地域経済の疲弊は今後も進んでいきます。しかし、必ずしもマイナス側面ばかりとは思いません。その中で一人の住民としてかかわり、新たな可能性を創っていく主体者として活動し、その主体者を増やすことで実現していきます。

2019年度滋賀同友会事務局重点目標

地区会活動スタートと同友会を知らせる活動で、中同協50周年を650名で貢献する

事務局スタッフの紹介

名前
大原 学(おおはら まなぶ)
役職
事務局長・理事
プロフィール 大原 学 1973年甲賀市の兼業農家の長男坊として生まれる。 小学生からトランペットを始め、中学時代は新聞配達をしながら、全国をめざし吹奏楽部で練習に明 け暮れる。高校1年生で全国出場、3年生の時は部長として憧れの普門館のステージに立つ。 大学は社会学部で若者の社会現象を研究しつつ、中学高校の教員免許を取得。卒業後は、営業職と して長崎県へ赴任。帰郷後民間企業を経て、2000年入局。 2002年より次長、2003年より事務局長を拝命。週末は少々農業とスポ少のお手伝い。 資格:教員免許(中学社会と高校地理と歴史)、大型特殊免許(農耕車) コメント同友会の会員さんに、「自分の過去に無駄な経験はないよ」とアドバイスを受け、仕事も地域のこ とも、自分にできることは何か?を考えその両立に取り組んでいます。 中小企業も地域もそこにいる一人ひとりの力を生かし切れば、派手ではない、働きやすい、住みよ い組織ができると信じています。 仕事とプライベートともに学び、成長できる、そんな同友会であると信じています。
名前
廣瀬 元行(ひろせ もとゆき)
役職
専務理事
プロフィール 廣瀬 元行 1961年12月滋賀県大津市生まれ。 日吉中学校(柔道部所属)、大津高等学校(バレーボー ル部所属)を経て大谷大学文学部へ。教育学を専攻し、人間の発達と社会環境、とりわけ労働の役割 について問題意識を持つ。非営利の社会貢献型組織を志して就職活動し、1984年2月に滋賀県中小企業家同友会事務局へ入局する。 1996年5月より事務局長、2003年5月より専務理事に就任し現在に至る。趣味はサイクリング。約30年前にロードバイクとMTBにハマり、いまはロングライドやビワイチ(琵琶湖一周)を時々楽しんでいる。滋賀県知事登録 宅地建物取引士。 コメント中小企業は地域社会の主人公。多様で素敵な中小企業が地域にたくさん在ることで、滋賀の暮らし は明るく元気で未来の見えるものになります。そんな企業と人育て、社会環境づくりを自主的に進め る同友会運動は、新しくて面白くてエキサイティングです。
名前
中村 香澄(なかむら かすみ)
役職
事務局員
プロフィール 1988年3月大津市生まれ。二児の母として子育てをしつつ職業訓練にて日商簿記3級、MOS Word・ Excelを取得。2015年1月に滋賀県中小企業家同友会事務局へ総務・経理担当として入局。その後、 日商簿記2級資格取得。 趣味は、卓球で野洲のクラブチームに所属し活動しています。 コメント 同友会に入局し、働くことで成長していく喜びを学びました。 仕事も家事も子育ても全力で取り組み、いつまでも輝ける素敵な女性を目指しています。
名前
奥村 祐三(おくむら ゆうぞう)
役職
事務局員
プロフィール 奥村祐三 1985年愛媛県・松山市生まれ。愛媛大学人文学科卒業後、3年間のコープ勤務を経て京都の法律事務所へ就職。7年間、弁護士のパートナーとして自己破産や倒産事件を主として民事・刑事・家族に関する法律トラブルの解決に携わる。2018年5月より滋賀同友会事務局に入局。保有資格は英検2級、日商簿記2級、行政書士(未登録)。趣味はカメラ、鉄道、自動車(構造)、アコースティックギター、読書(歴史、哲学、法律、心理学)。座右の銘は「ピンチをチャンスに変える」。 コメント 滋賀同友会に入局して1年たちました。いろいろ学ばせていただきましたが、とりわけ経営指針を創る会の運営では、地域における中小企業の存在意義・役割、経営者の姿勢の確立の重要さ、人を生かす経営の総合実践が、地域ならびに日本社会の健全な発展になによりも重要であることを学びました。

所在地・連絡先

住 所 〒525-0059 滋賀県草津市野路8丁目13-1 KE草津ビル1階
連絡先

TEL 077(561)5333
FAX 077(561)5334

外観
お問い合わせ お問い合わせフォームへ