滋賀県中小企業家同友会

事務局について

事務局経営理念

  • ~幸せが見える共生社会をめざして~
  • 私たちは、経営者と共に、人が育つ企業を増やし、人(命)を大切にする個性豊かな地域社会を創造します。
  • 私たちは、人と関わり、繋がることで幸せな人生の実現とともに、個性と能力を存分に発揮できる事務局をめざします。

事務局経営理念の解説

第1に、人を大切にする経営で人が育ち、それぞれの地域で未来を担う主体者となり、個性豊かな地域社会の創造をめざします。個々の暮らしはもとより、住みやすい、また地域で人(命)が大切にされる社会を世界に広げていきます。

第2に、私たちはこの地域で働き、暮らしを守り、より豊かな生活を望み生きています。とはいえ、一人ひとりの生きる目的や幸せはそれぞれ違います。一人ひとりの違いを認め、育ちあう関係をつくります。また、その個性と能力を存分に発揮できる職場をめざし、事務局以外でも発揮し、個性豊かな地域づくりに貢献していきます。

※個性豊かな地域社会
個性とはその地域にある、人であり担い手、企業。また伝統的産業や自然環境、歴史や文化の個別要素や総合力を活かした社会。また、そこに暮らす人、企業が望む地域社会を指します。その中で一人の住民としてかかわり、一人ひとりが主体者としてありたい地域社会を創造していきます。

2020年度

  • 組織目的 同友会運動の屋台骨を維持し発展させる。 スローガン 学びを深め、経験を交流して新しい活動スタイルを創り出します。

基本方針

新型コロナウイルス感染拡大の影響が長期化することが予想され、滋賀同友会の活動及び、事務局の活動を変える必要があります。会員、事務局員の安全を確保しつつ、合理的な活動に切り替え、学びの場を増やしていきます。

目標・計画

  1. WEB会議の導入
    (コロナ感染収束まで)各組織で実施。同友会として機材の導入、会議の普及、例会配信方法の研究と実施。
  2. D-Managementの導入と運用 7月試験運用 10月稼働 組織管理、販売管理・会計、データの蓄積ができるデータベースの導入と活用を進めていきます。
  3. 事務局の世代交代と働き方の検討
    就業規則改定 安心して働き続けることのできる規則の改定と活動スタイルを構築します。
  4. 同友会の歴史と理念を深める
    定例の学習会開催 改めて同友会の歴史と理念を学び、現在の活動や今後の活動の在り方を検討します。
  5. 情報収集と発信
    提供と発信 全国47都道府県のネットワークを活かし、情報収集、発信、新たな活動を順次提案していきます。

事務局スタッフの紹介

名前
大原 学(おおはら まなぶ)
役職
事務局長・理事
プロフィール 大原 学 1973年甲賀市の兼業農家の長男坊として生まれる。 小学生からトランペットを始め、中学時代は新聞配達をしながら、全国をめざし吹奏楽部で練習に明け暮れる。高校生の時に憧れの普門館のステージに立つことができました。 大学は社会学部で若者の社会現象を研究しつつ、中学高校の教員免許を取得。卒業後は、営業職と して長崎県へ赴任。帰郷後民間企業を経て、2000年入局。 2002年より次長、2003年より事務局長を拝命。週末は少々農業のお手伝い。 資格:教員免許(中学社会と高校地理と歴史)、大型特殊免許(農耕車) コメント入局時は現在とは違い、様々な業務があり、いろいろな経験を積むことができ、本当に多くの経営者とお会いし、学ぶことができました。気が付いたら20年。節目を迎え、視野を広げて行動していきたいと思います。写真は事務局研修in沖縄、栄町市場にて。
名前
廣瀬 元行(ひろせ もとゆき)
役職
専務理事
プロフィール 廣瀬 元行 1961年12月滋賀県大津市生まれ。 日吉中学校(柔道部所属)、大津高等学校(バレーボー ル部所属)を経て大谷大学文学部へ。教育学を専攻し、人間の発達と社会環境、とりわけ労働の役割 について問題意識を持つ。非営利の社会貢献型組織を志して就職活動し、1984年2月に滋賀県中小企業家同友会事務局へ入局する。 1996年5月より事務局長、2003年5月より専務理事に就任し現在に至る。趣味はサイクリング。約30年前にロードバイクとMTBにハマり、いまはロングライドやビワイチ(琵琶湖一周)を時々楽しんでいる。滋賀県知事登録 宅地建物取引士。 コメント中小企業は地域社会の主人公。多様で素敵な中小企業が地域にたくさん在ることで、滋賀の暮らしも明るく元気で未来の見えるものになります。そんな企業と人育て、社会環境づくりを自主的に進める同友会運動は、新しくて面白くてエキサイティングです。 なお、写真は海外ビジネス研究会inネパールにて、サランコットの丘よりヒマラヤのアンナプルナをバックにパチリ(2020年10月22日)。
名前
中村 香澄(なかむら かすみ)
役職
事務局員
プロフィール 中村 香澄 滋賀県大津市出身。1988年3月3日生まれ。二児の母として子育てをしつつヤクルトで勤務。その後、職業訓練を受講し、日商簿記3級、Microsoft Office Specialist Word、Microsoft Office SpecialistExcelを取得。2015年1月に滋賀県中小企業家同友会事務局へ総務・経理担当として入局。2016年スキルアップのため簿記を学び、日商簿記2級を取得。 趣味は、子供のころから卓球が好きで、いまは、野洲のクラブチームに所属し活動しています。 コメント 同友会に入局し、経理・総務の業務を任されるだけでなく、様々なことに挑戦させていただくことで、いろんな勉強ができました。働くことで成長していく喜びを感じています。仕事もプライベートも全力で取り組み、いつまでも成長し続け、同友会事務局員としてお役に立てるように尽力いたします。写真は、初めての家族旅行でディズニーランドへ行ったときのです。
名前
奥村 祐三(おくむら ゆうぞう)
役職
事務局員
プロフィール 奥村祐三 1985年愛媛県・松山市生まれ。愛媛大学人文学科卒業後、3年間のコープ勤務を経て京都の法律事務所へ就職。7年間、弁護士のパートナーとして自己破産や倒産事件を主として民事・刑事・家族に関する法律トラブルの解決に携わる。2018年5月より滋賀同友会事務局に入局。保有資格は英検2級、日商簿記2級、行政書士(未登録)。趣味はカメラ、鉄道、自動車(構造)、アコースティックギター、読書(歴史、哲学、法律、心理学)。座右の銘は「ピンチをチャンスに変える」。 コメント 滋賀同友会に入局して1年たちました。いろいろ学ばせていただきましたが、とりわけ経営指針を創る会の運営では、地域における中小企業の存在意義・役割、経営者の姿勢の確立の重要さ、人を生かす経営の総合実践が、地域ならびに日本社会の健全な発展になによりも重要であることを学びました。

所在地・連絡先

住 所 〒525-0059 滋賀県草津市野路8丁目13-1 KE草津ビル1階
連絡先

TEL 077(561)5333
FAX 077(561)5334

外観
お問い合わせ お問い合わせフォームへ