滋賀県中小企業家同友会

委員会活動について-共育・求人委員会-

2019年度

  • 共育・求人委員長
    小田柿 喜暢
    (大洋産業(株) 代表取締役)

  • スローガン “採用と共育”の意味を理解し、人が生き生きと働く企業づくりで持続可能な地域社会を築きましょう

基本方針

2018年版「中小企業白書」(中小企業庁編)において「我が国の生産年齢人口(15~64歳)は、1995年の約8,700万人をピークに減少に転じており、2015年には約7,700万人まで減少してきている(この間の減少は約1,000万人)。この傾向は将来にわたって継続すると見込まれ、2060年には約4,800万人と、2015年の約6割の水準まで減少すると推計されている」と書かれています。
既に実感されている企業もありますが、今後も「人手不足」が経営課題の上位にあがると思われます。また、この「人手不足」の中でも「労働生産性の向上」も行う必要があります。これらの課題を解決するためには、「採用と共育」を企業が真剣に取り組むしか方法がありません。
共育・求人委員会では、会員企業の「採用と共育」の企業力向上を支援し、強靭な企業づくり、ひいては、地域に人を残す魅力ある良い地域づくりを目指し活動します。