滋賀県中小企業家同友会

委員会活動について-共育・求人委員会-

2020年度

  • 共育・求人委員長
    宮川 草平
    (宮川バネ工業㈱ 代表取締役)

  • 組織目的 中小企業で働く魅力を学生や地域に知らせる社会教育運動であるとともに、地域の雇用を支え社員と共に育ちあう魅力あり企業づくりで、学校や地域からの信頼を確かなものにする。 スローガン 三位一体(指針成文化・社員共育・共同求人)実践の理解と普及を進め、まずは自社から同友会型モデル企業になろう。

基本方針

  1. 「社員共育」を経営指針の実践と一体のものとして推進し、一般的な社員研修とは違う、同友会運動の根幹に位置づけられた共育活動の実施と継続。
  2. 共同求人参加企業50社の下地作りとして、大学との関係作り(セミナー協力、インターンシップ受け入れ等)を積極的に推進する。
  3. 滋賀同友会として、人間尊重経営、共同求人活動の考え方をベースとした同友会型の外国人雇用の仕組み構築を目指す。まずは情報収集、外部団体との関係作りを推進し、将来ビジョンを策定する。