滋賀県中小企業家同友会

委員会活動について-例会委員会-

2020年度

  • 例会委員長(代表理事)
    永井 茂一
    ((株)ピアライフ 代表取締役)

  • 組織目的 同友会運動の学びの源泉、会員のよりどころが〝例会〟です。会員各々が抱える様々な経営課題の解決の糸口の気づきの場であり、経営者としての資質の向上から企業づくりに至るまで、また、〝私たち中小企業の社会的役割とは何なのか〟など、多くの学びを会員の経営体験から学びあう〝例会づくり〟をめざします。 スローガン 「〝地域の暮らしを守る企業づくり〟の学び場〝例会〟を盛り上げよう!!」

基本方針

本年度は、2020年初旬に発生した新型コロナ感染症問題が地域の雇用や私たち経営にも大きな影響が推測されます。地域の暮らしを守る私たち中小企業家の経営に共通する課題について本質議論できる場の提供は、他のセミナーや講演会では得ることかできないもので、会員にとっても多くの仲間と交流を深める場でもあります。そして、自らが報告者やグループ長などの役を担ったり、例会づくりの準備の過程などすべてが学ぶ場の提供となっている〝例会〟充実がまさに、〝同友会運動の充実〟となりえると考え、本年度も更なる〝例会の活性化〟をめざします。その指標となるのが例会の参加率です。また、例会の補完として、地区会や研究グルーブ会活動などの小グループ活動を、更に、推進するとともに、会員や支部役員の全県行事及び全国行事への参加を促します。