滋賀県中小企業家同友会

委員会活動について-新産業委員会-

第5回アジア視察研修会~インドを訪ねて⑪~

新産業委員会 その他活動

バラナシ探訪編
株式会社PRO-SEED
代表取締役 青栁孝幸

ファイル 1757-1.jpg

ガンジス川、聖地バラナシ。
「川に死体が流れている、、、」「その横で洗濯をしている、、、」
「泳いでいる、、、、、」
古くから、耳にしたガンジス川伝説は、本当なのか?
アグラから寝台電車に乗る事20時間(通常8時間)、、、、、、
日本なら暴動が起きそうなこの遅延。
ようやくたどり着いた、バラナシ。

ファイル 1757-2.jpg

すっかりインドに馴染んだメンバーの中に文句を言うものはいない(笑)
しかし、我々の目指すガンジス川まで、ここからがまた遠かった。
小型タクシーに乗る事1時間、突然降ろされる。
状況が良くわからない中、問い詰めると
「ここから先は、歩いて行け。車が入れない、、、、、、、、」
一同、唖然。。。。。。。。
人、一人しか歩けないような細い道、牛糞だらけの道、、、、、
(バックパッカースタイルで良かったと初めて感じた瞬間)
歩く事15分。ようやくたどり着いた、ガンジス川。
その広大な風景に、疲れも飛んだ。

ファイル 1757-3.jpg

当日夜、翌朝と周囲を探索。
そこには、想像以上の世界があった。
自らの死期を悟り、自らの死を待つ、待機部屋。
お祭りのような葬式。
そこら200m程離れた場所で行われる、キャンプファイヤーのような火葬。
火葬後の散骨。(親族がガンジス川へ)
焼け残りを食べる、犬、草を食べる牛。
沐浴をする人、歯を磨く人。。。。。。。。。。

ファイル 1757-4.jpg

全てが、視野に入る中で行われている。。。。。。。。。。。
学生時代からの長年の疑問が解消された瞬間であった。
この地を最後に、帰国する一行。
さらば、バラナシ、さらばガンジス。また来ます。
なぜか、また訪れたいと思う不思議な空間が、そこにはあった。

ファイル 1757-5.jpg