滋賀県中小企業家同友会

支部活動について-高島支部-

高島ブロック2018年度活動報告と2019年度活動方針

高島ブロック 総括と方針

◆2018年度 高島ブロック活動報告
1)スローガン『陸の孤島、高島再生計画』心のスイッチに火をつけろ!
2)基本方針
①例会、運営委員会の参加率アップを目指します。
②参加する事でメリットのある組織創りをします。
③調和のとれた協力者組織を目指します。
上記のスローガンと基本方針を基に展開した、活動の結果は以下の通りです。


3)活動方針
①例会、運営委員会の参加率アップを目指します。
・安定した組織運営を目指し、現在6名の運営委員を12名にします。
行動⇒運営委員会に入るメリットを伝え、積極的に参加し学べるように説明を行いました。
結果⇒6名から8名に致しました。
・毎回魅力のある例会運営を目指します。
行動⇒例会参加者の傾向(企業規模、求められる内容)等を考慮し、例会計画を立てました。
また、グループディスカッション等も、企業規模を合わせるなどの工夫をしました。
結果⇒話しやすい環境、同様の悩みを相談する環境を作る事で例会参加率がアップ致しました。
・ゲストでも参加しやすい例会運営を目指します。
行動⇒ゲストが内容を理解しやすいように、テーブル配置を考慮し、ゲストが話しやすい環境を作りました。
結果⇒月平均4.4人のゲストに参加して頂く事が出来ました。


②参加する事でメリットのある組織創りをします。
・気軽に悩みを相談し合える組織創りを目指します。
行動⇒それぞれの経営課題を相談し討論出来る様にグループディスカッションにも配慮致しました。
・新鮮で魅力的な情報が常に得られる組織創りを目指します。
行動⇒市内外から、幅広く報告者様に依頼し、例会を展開し、各支部からの応援に来て頂けるよう努力致しました。
・求めあうより、与えあう仲間創りを目指します。
行動⇒自分の事のみならず、相手の事を想い合える、運営員会、例会運営を意識しました。
結果⇒個人にかかる負担が軽減され、みんなで組織を創り上げられるように変わってきました。
③調和のとれた協力者組織を目指します。
・同じ目的を共有し、常に高めあう組織を目指します。
行動⇒ビジョンを明確に、共有、行動する。
結果⇒ビジョンを明確にはしたが、共有しきれず、活かせなかった。
・刺激しあい共に尊敬しあえる関係性の構築に努めます。
行動⇒例会前の運営委員会で、担当振り分けを行い、例会毎に担当者を決める事で個々の能力を引き出し、お互いの刺激になるように努めました。
結果⇒個々の能力を引き出し、お互いを刺激し、負担を軽減すると同時に、色々な経験を積む良い学びとなりました。
4)会勢目標
・現在27名→35名 結果【27名→32名】
5)指標目標
・会員目標  35名 結果【32名】
・入会者数   8名 結果【5名増】
・例会参加率 40% 結果【35.1%】
《高島B指標結果》
①入会者数 6名
②退会者数  1名
③増減 +5名
④例会参加率 35.1%(前年 12.2%)
⑤会員参加率 37.6%(前年 19.2%)

◆2019年度 高島ブロック活動方針


1)スローガン
『陸の孤島、高島再生計画』 志のスイッチに火をつけろ!
2)基本方針
①例会、運営委員会の参加率アップを目指します。
②参加する事でメリットのある組織創りをします。
③調和のとれた協力者組織を目指します。
3)活動方針
①例会、運営委員会の参加率アップを目指します。
・安定した組織運営を目指し、現在8名の運営委員を12名にします。
・毎回魅力のある例会運営を目指します。
・ゲストでも参加しやすい例会運営を目指します。
②参加する事でメリットのある組織創りをします。
・気軽に悩みを相談し合える組織創りを目指します。
・新鮮で魅力的な情報が常に得られる組織創りを目指します。
・求めあうより、与えあう仲間創りを目指します。


③調和のとれた協力者組織を目指します。
・同じ目的を共有し、常に高めあう組織を目指します。
・刺激しあい共に尊敬しあえる関係性の構築に努めます。
・例会、組織の担当者を明確にします。


4)会勢目標
・現在32名→40名
5)指標目標
・会員目標 40名
・入会者数  8名(純増)
・例会参加率 40%