経営指針を創る会とは

「経営理念を軸とした指針経営」と「人間尊重の経営」が一層大切になってきています

自社の経営の軸となる「経営理念」を策定し、「経営理念」を実現するための「方針」(戦略)、 「計画」(具体的年度計画)とあわせた「経営指針書」を作成します。先輩経営者が手弁当で、 お手伝いします。
 産業の空洞化、少子高齢化、地域経済の疲弊、増税などによる国民購買力の後退など今後の経営環境は一層 厳しさを増していくことが予想されます。そのような環境に負けず自社をたくましく維持・発展させていくためには、同 友会が提唱する「経営理念を軸とした指針経営」と「人間尊重の経営」が一層大切になってきています。是非、 滋賀県唯一の本格的な経営者の道場=「経営指針を創る会」にご参加下さい。



自社の経営に軸となる「経営理念」を策定し、「経営理念」を実現するための「方針」(戦略)、「計画」(具体的年度計画)とあわせた「経営指針書」を作成します。
先輩経営者が手弁当でお手伝いします。

経営指針の成文化

  • 企業経営に対する経営者の任務が明確にまり、経営者自身の使命感、意欲を高めることができます。
  • 目標が明確になり社員のヤル気を引き出し、企業全体のパワーアップがはかれます。
  • 企業の社会的役割、性格、将来ビジョンが明確になるため、社員が起業に誇りをもち、働く意欲を増進させます。
  • 優れた人材の採用が可能になり、社員教育の方向も明確になることから、自主的に学ぶ気風を職場に定着させることができます。
  • 労使の信頼関係を強め団結がより強固なものにできます。
  • 顧客・取引先・銀行など対外的にもイメージアップをはかることができます。

経営指針を創る会への参加条件

  • 中小企業家同友会会員であること。
  • 経営者もしくは事業後継者に限ります。
  • 経営理念を確立・成分化し、生きた経営指針書(経営理念・経営費方針・経営計画)を創り、自立・発展型企業を目指したいというy強い熱意のある方。
  • 全日程に参加し、継続できる方。

経営指針を創る会への約束事

  • オリエンテーションを必ず受けていただきます。
  • 毎回約1週間前までに「課題」を提出していただきます。課題を作成することによって、経営観を見直します。
  • 受講生OB団は、全講義で「経営理念」「経営方針」を深く検討し、「経営指針」が成分化できるまで関わり合います。

このページの先頭へ